くりっく365でFX

FX取引にはくりっく365とそれ以外の店頭取引の2種類がある

□くりっく365…公的取引所を通した取引
□店頭取引…顧客と各FX業者の相対取引

雑誌やテレビなどの広告で見かける大手FX業者は、店頭取引業者が多く、「くりっく365」知名度はまだまだといったところですが、メリットを考えると、活用しない手はありません。

くりっく365と店頭取引はどう違うのでしょうか?

店頭取引の場合は、各FX業者の顧客との間で、それぞれが決めたレートで取引することになります。
ですから、スプレッドや手数料に違いが出てきます。

一方くりっく365は公的取引所を通すので、どの業者を利用しても同じレートで取引できます。
つまり、透明性、公平性が高い取引ということになります。

くりっく365はで資金は取引所に全額預託されるので、信託保全よりも安全となっています。

FXで儲けた分の税金が、一律20%になることも大きな魅力であり、さらに、日経225先物や商品先物と損益通算が可能です。
また、仮にFXで損失が出て場合も、これを翌年以後3年間にわたり繰り越すことも可能になっています。

店頭取引だと、昨年の損が100万円、今年の利益が100万円だった場合、
今年の利益100万円に15~50%の税金がかかってきますが、くりっく365なら損が持ち越せるので、
昨年の損失100万-今年の利益100万=0になり、税金がかかってこないのです。

店頭取引ですと、利益にかかる税率は15~50%(所得税5%~40%+住民税10%。所得の額が大きいほど税率は高い。)、くりっく365の税率は、一律20%となっています。
くりっく365には手数料が無料という業者がないことを考慮しても、くりっく365のほうが有利かもしれませんね。